放射線の遮蔽

測定対象面の放射線量を正確に測定するためには、周辺からの放射線を遮蔽する必要があります。 また、除染作業などで出た、放射性物質を含む廃棄物を安全に保管するためにも、遮蔽が必要です。

遮蔽

日々の除染業務を通じて、これまで蓄積して参りました遮蔽に関するノウハウを、製品を通じて皆様にご提供いたします。

放射線量の測定における "遮蔽体"

福島県内で対象面の放射線量を測定した際の写真です。周辺からの影響を受け、測定値に約2倍もの差異が生じる場合もあります。
遮蔽して測定を行うことにより、測定誤差が減少すると共に、測定した値の信頼度が大幅に高まります。

遮蔽体なし:7.0cps 遮蔽体あり:3.3cps
測定:遮蔽体なし 測定結果:遮蔽なし 測定:遮蔽体あり 測定結果:遮蔽あり

上記(写真)の測定で使用している遮蔽体は、LUDLUM社製サーベイメータープローブに合わせた遮蔽体です。ステンレスと鉛で製作され、重さが約8kgあります。

本遮蔽体は、セシウム137から放出されるガンマ線に対して、放射線遮蔽計算上の減衰率は91%で設計され、RI試験室における製品実証テストにおいては、93%〜94%の減衰率を測定しております。 (実際の使用にあたっては、使用環境等によって状況が異なることがありますので、上記遮蔽性能はあくまでも目安です。)

遮蔽体

LUDLUM社製
サーベイメーター用

LUDLUM社製サーベイメータ遮蔽体1 LUDLUM社製サーベイメータ遮蔽体2 LUDLUM社製サーベイメータ遮蔽体3 LUDLUM社製サーベイメータ遮蔽体4
可搬型汎用遮蔽体

日立アロカメディカル社製等

可搬型汎用遮蔽体1 可搬型汎用遮蔽体2 可搬型汎用遮蔽体3 可搬型汎用遮蔽体4
他にも、他社各種線量計の特性やサイズに合わせた遮蔽体や、遮蔽体を積載するキャリアカートなども設計・製作・販売いたしております。 遮蔽体
除染廃棄物の保管などにおける "遮蔽容器・遮蔽シート"

放射性物質を含む廃棄物を、安全に保管するためにも遮蔽が必要です。
除染作業で出た廃棄物の運搬時や、仮置き場での保管などで、放射線を効果的に遮蔽する、遮蔽容器並びに遮蔽シートをご紹介いたします。

放射線遮蔽機能付き
簡易廃棄物保管容器
遮蔽容器 材質  : ポリエチレン(外容器)
大きさ : 282φ×365Hmm(内寸)
容積  : 約15L
重量  : 約10kg(鉛厚み3mm)
遮蔽シート 遮蔽シート 被覆材 : ターポリン
大きさ : 1,100mm×330mm
重量  : 約10kg(鉛厚み3mm)
※ 完全防水で曲げての使用可。
上記はあくまで一例です。
遮蔽容器、遮蔽シートにつきましては、放射線量を含む使用環境や用途に応じて、ご希望のサイズ、遮蔽率(鉛などの厚さ)に設計・加工いたします。
遮蔽シート
− お問い合わせ −
株式会社EARTHSHIELD
〒963-8041
福島県郡山市富田町字権現林11番地
TEL 024-983-6310
FAX 024-983-6309
メールによるお問い合わせ